歯科治療

  1. ペコぱんだ

    舌を運動させることは大事です。舌の力がなくなると、きちんと物を飲み込めなくなります。あいうべ体操は、簡単で良い方法だと思います。あとは続ける意思が大事。これがなかなか難しい。道具を使うのも良いかもしれません。

    続きを読む
  2. マウスピースでトレーニング

    マウスピースで歯並びを矯正する方法があります。今回はそれではなくて、筋機能を矯正するマウスピースについて。筋肉による緊張を緩和したり、舌の位置を正すことが目的。だから、トレーナー。歯列矯正の装置では無いですが、筋肉や舌の位置が正されると、歯列は適切な位置に誘導されやすいです。

    続きを読む
  3. ホームホワイトニング

    当院では、スタッフにもホワイトニングをしてもらいます。無理やりではなくて、聞くとみんな希望します。元々白くしたいと思っているようですが、経験してもらう理由は、自分で経験した方が患者様にきちんと説明できるからです。

    続きを読む
  4. 睡眠時無呼吸症候群 口腔内装置

    閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)睡眠中に呼吸が弱くなるか、停止することによって、睡眠が障害されます。寝ている時に舌や軟口蓋、脂肪組織が沈下して、上気道が狭小、閉塞することで起きます。寝ている時の筋肉が弛緩した状態で起こりますので、重症な場合でも、起きている時にはなりません。

    続きを読む
  5. リステリン のすすめ

    1895年に世界初の口腔洗浄薬として歯科医院向けに販売を開始し、1914年には一般向けにも販売されるようになった とあります。かなり歴史は古いです。僕は少しだけアメリカに住んでいた時期があったのですが、その時、風邪をひいたら、母親からリステリンでうがいをさせられました。あれは拷問でした。

    続きを読む
  6. ホワイトニング 輸入 送料と税金

    ホワイトニング剤をアメリカから輸入。商品代は別で、今回は送料と税金で6千円でした。ちょっと前より、円高になったと実感します。相変わらず、重さは3Kg でくるのですが、今回も箱の重さは100g未満でした。それにしても、注文して1週間で医院に届くという早さには助かります。

    続きを読む
  7. 口呼吸は色々と問題あり

    鼻呼吸にしていけるなら、それがいい。どうすれば良いか?訓練は継続が必要で、それなら簡単な方が良い。数年前に、この体操を知ってから、患者様に説明させてもらうことはあります。松風という会社の冊子の中で、漫画で紹介されていた事があり、それを読んでもらったりはしてました。

    続きを読む
  8. ホワイトニング 薬剤輸入2015

    ホワイトニングには、もちろん薬剤が必要です。数種類の薬剤を採用しています。これをプランによって使い分けします。国内で購入できる薬剤とは別に、アメリカから最新の薬剤も輸入しています。輸入すると歯科医師の責任の元でとなります。

    続きを読む
  9. スポーツマウスガード 手順?

    このブログで歯科について載せるのは、だいたい機器の導入時や、その時の機材、治療法の記録です。僕のための日記です。ブログ内で検索すれば、いつどうだったか写真付きで見れるので、便利です。他に医療機器の保守点検計画、記録表というやつに記録もするのですが、書類は後でざっと見返す時に、写真が無いので。

    続きを読む
  10. EDTA

    歯の神経の治療時に使う薬剤です。昔は、過酸化水素水と次亜塩素酸ナトリウム の交互洗浄というふうに教科書にあったのですが、今では、過酸化水素水は使いません。代わりに、このEDTAというのを使います。これが、洗浄に使うには、けっこう高価です。

    続きを読む

SNSで更新情報を閲覧できます

ページ上部へ戻る