ブログ

マウスピースでトレーニング

マウスピースで歯並びを矯正する方法があります。
今回はそれではなくて、筋機能を矯正するマウスピースについて。

筋肉による緊張を緩和したり、舌の位置を正すことが目的。
だから、トレーナー。
歯列矯正の装置では無いですが、筋肉や舌の位置が正されると、
歯列は適切な位置に誘導されやすいです。

通常は歯の生え変わりの時期までが適応です。

生え変わりが終わった娘に試用したので記録。
本来は、もっと早い時期から使用して欲しかったのですが、その時はなかなか使用してくれず。

歯並びが気になり出したようなので、遅いですが実験的にしてもらう。
装置使用前
下の前歯がガタガタしてます。上の前歯は少し出ていました。

本来は、就寝時と起きている時に、1~2時間使用。
娘は就寝時のみしか使う時間が無いようです。

使用開始4ヶ月後
そこそこ歯は並んでます。
歯が並ぶスペースが不足していたので、前歯の横の面を少し削ってはいます。

歯列矯正用の装置では無いのですが、筋肉や舌位を是正するだけで、ある程度は歯並びも改善されます。
上の写真は夕方に撮ってますが、朝起きた時はもっと綺麗に並んでます。
良い状態を維持できるようになるまでは、継続が必要です。

まだまだ使用継続しているので、現在はもう少し綺麗に並んだ状態になってます。
最初は嫌がっていたのですが、少しずつ目に見えて改善されると、モチベーションも上がりますし、
慣れてしまえば苦にならないようです。
こういう装置は、正しく毎日継続的に使うことが大事なので、娘はよく頑張っていると思いますが、
日中に1~2時間使用するというのも守れたら、もっと結果は良いと思います。

上の前歯は少し出た感じがあったのですが、それも改善されました。
鼻呼吸ができて、口唇を閉じる癖がつくと口唇の形も綺麗になってきます。
下の前歯がもう少し並ぶまで使用継続するようです。

僕も患者さんに説明できる様に使用してます。
歯ぎしりしてしまうので、それ対策というのがメインです。
マウスピースを入れた感じや、入れたまま唾を飲み込む練習。
朝起きた時の歯の痛みなど使うと分かる。
ほぼ毎日気絶する様に寝るので、マウスピース使用に関しては自分が一番不真面目。
これからは毎日つけると宣言。

筋肉や舌位のトレーニングはすごく大事です。
マウスピースがなくてもできる。
あいうべ体操は推奨してます。鼻呼吸の大切さは皆さんに分かって頂きたい。
普段の姿勢も大事。
寝る時は仰向けが良い。自分は全くできないけど。
ガムを使って、正しい舌位を覚えたり、舌をトレーニングするのも良い。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る