歯周病治療

  1. 歯周病治療の研修会

    先週末は、安東俊夫先生の研修会に参加してきました。安東先生の医院には立派な研修室もあるので、会場は医院のある大野城です。宿泊した方が効率が良いので、天神、博多駅周辺で3カ月前から探していたのですが、何故かこの日は、ほとんど空きが無い。空きがあってもシングル2万円以上とか。

    続きを読む
  2. モデルチェンジ

    歯石取りに使う超音波スケーラー調子が悪くなったので、更新しました。最近モデルチェンジした機種です。旧型昨年まで、この型で販売されていました。当院にも、チェアー4台分あります。今回1台を新型に更新変わり過ぎ!超音波スケーラーとしての基本性能はあまり変わりないです。

    続きを読む
  3. ソニッケアー フレックスケアー プラチナ

    ソニッケアーの新しい製品。スタッフが購入したので見せてもらいました前回自分が購入したのが、ダイアモンドクリーン。今でも自宅で使用していますが、気に入らない点が一つ。充電器が、以前の物と互換性が無いこと。我が家の様に、複数台ソニッケアーを使用していると、充電器が違うと面倒です。

    続きを読む
  4. ソニッケアー ダイアモンドクリーン

    ソニッケアーに新しいモデルが出ました!!実際におすすめできる物なのか、毎回自分で購入して使用しています。今回のダイアモンドクリーンは、ブラシヘッドが改良されました。

    続きを読む
  5. 口腔内細菌と全身

    口腔内細菌が全身の健康に与える影響癌1日2回以上歯を磨く人は、1日1回磨く人より癌罹患率が3割低い。歯の喪失や歯周病が、さまざまな癌に関与している等の研究結果が歯科雑誌に載るようになってきました。

    続きを読む
  6. 歯石

    歯石は細菌性プラーク(デンタルプラーク)が石灰化したものです。プラークの石灰化は4〜8時間で開始され、約50%が2日間で、60〜90%が12日間で石灰化します。歯石は、プラークの格好の付着部になります。歯石は常に未石灰化の細菌性プラークで覆われています。

    続きを読む
  7. プラークについて

    口腔内における細菌沈着物をデンタルプラーク または 細菌性プラーク と呼びます。これは、歯周疾患(歯槽膿漏等)、虫歯を引き起こす最も大きな原因になります。1mm?のプラークに1億以上の細菌が存在し、このプラーク中の細菌の代謝産物、および細菌が発炎因子となります。

    続きを読む
  8. 歯周病と糖尿病

    糖尿病になると歯周病に罹りやすくなります。糖尿病によって生じる病気には、網膜症、腎障害、神経障害、末梢神経障害、大血管障害などがあります。糖尿病の人達で、歯周病のある人と、ない人を比べると、重症の歯周病の人が糖尿病の状態が2倍以上悪いことがわかっています。

    続きを読む
  9. 妊婦とビタミンD

    妊娠中のビタミンDの摂取不足が乳児の虫歯と関連する。カナダの研究マニトバ大学歯学部のRobert J.Schroth氏らは、妊娠中にビタミンDの摂取が不足すると、子供の乳歯の石灰化に影響を及ぼし、エナメル質減形成(EH)、ひいては早期小児齲蝕(ECC)を引き起こす恐れがあることを報告した。とのこと。

    続きを読む
  10. フロス使用のすすめ

    歯科ニュース米国歯周病の原因菌の除去にフロスの使用が有効であることが、双生児を対象とした研究によって示された。とのことです。研究内容を簡単に書くと双生児51組を対象とした研究で、双子のうち1人は歯ブラシと歯磨剤を使用した清掃を行い、もう1人にはそれに加えてフロスを使用するよう指示した。

    続きを読む

SNSで更新情報を閲覧できます

ページ上部へ戻る