ブログ

口腔内細菌と全身

口腔内細菌が全身の健康に与える影響


1日2回以上歯を磨く人は、1日1回磨く人より癌罹患率が3割低い。
歯の喪失や歯周病が、さまざまな癌に関与している等の
研究結果が歯科雑誌に載るようになってきました。

新型インフルエンザ
亡くなった方を調べると、インフルエンザ菌のみでは無く、
口腔内細菌と複合的に検出される。

血管内皮機能障害
血中にグラム陰性桿菌の菌体成分であるLPSが入り込む
ことによって起こり、老化や糖尿とも関係する。

ピロリ菌
胃や腸管のピロリ菌を除菌しても、除菌した方の半数近くの
歯肉縁下プラークにピロリ菌が残っている。
歯周ポケット内でもピロリ菌が増殖しえる。

口腔内を無菌にするのでは無く、上記の様な障害を起こす
悪玉菌を減らし、常在菌である善玉菌で口腔内細菌叢を
維持することが重要だと思います。

当院でも患者さまの健康を守るために協力させて頂きます。

?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る