ブログ

 アリさん

土曜日の診療後に山へ。
山中でnさんと待ち合わせ。
僕が後で着いたのですが、この山で一人待つのは怖いらしいです。
誰も入らないような山だし、
動物が動く音や鳴き声が響く感じ 想像できるので完全に同意できます。

なるべく早く合流できるように、僕も真面目に登ってきました。

小人がタイヤの上に乗っている という写真 

この日も鹿角探し。成果はなくてもこれはこれで楽しいです。

ひとしきり周って、nさんからありがたくご馳走になる。遅めの昼食。
塩分が染み渡る。

ここでnさんが何やら運んでいるアリに気付く。
ここからしばしアリ観察。
コーヒーについてきた砂糖は、2人共使わないので、それをアリに与える。
巣も発見。
nさんは過保護なので、巣の近くにも砂糖を。

何も持たないアリが、巣の中に仲間を呼びに行く一方で、
最初に荷物を持ったアリはひたすらに頑張る。

巣の中から続々と出てくるアリさん達、いろいろなルートを取りながらも砂糖まで行く。

ヌードルの卵を運んでいたアリは、自分より大きな荷物を抱えながら、
絶壁をクライミングしてた。

この後、滑落したりするのですが、途中手伝いに来るアリさんもいて、最終的には3匹で運んでいた。

面白すぎて、ずっと見入ってしまいました。
そろそろ43,44歳になろうとしてますが、童心に帰っているのでは無く、
いつも通りというか、そもそも山に入っている理由が鹿角探しですから。

僕は、以前nさんに教えてもらったアリ地獄の観察を思い出しました。

この日も歯医者らしく無理やりnさんに歯磨きをしてもらい、
2人とも大人らしく日が完全に暮れる前に再度行動開始しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る