ブログ

モニターを少し大型化

診療用のチェアーに備わるモニター。

今までは17インチでした。
これの解像度は、1280×1024

レントゲンや、口腔内の写真、説明用のソフトを表示するためのモニターです。
過去と現在のレントゲンや写真を比較してみていただく時など、一度にたくさんの写真を表示すると画面にはいりきれません。

これを少し見やすくできるよう21.5インチへ換装。
解像度が、1920×1024になります。

解像度としての横幅は、1.5倍になるので、写真も並べて表示しやすくなりました。

21.5インチと17インチのモニター
 

当たり前ですが、モニターのサイズがちょっと大きくなります。
モニターを買う時に、下調べをしましたが、一番気になったのは、重さです。
そして、横幅。

取り付け場所が、特殊なので。

ライトの支柱に、モニター用のアームが取り付けてあります。
なので、あまり重いものはダメです。
そして、寸法が大きすぎると、患者様の移動時に当たってしまいます。

17インチは、ネット上の取説によると、モニター本体だけで、3.9kg。

現行の製品で探すと、23インチでも、これよりは軽いです。
本当かよ?と思いました。
21.5インチが届いても、大きさがあまりにも違うので、半信半疑。

それで、届いたモニターから、スタンドを外して、モニター本体だけにして、重量測定。
21.5インチは、3.7Kg。本当に軽い。

モニターの交換は、まず今ついている物の取り外しから。
裏のパネルを外す。 

 

ネジ 4本で、アームについているだけ。

この4本だけでいいの?って状態ですが、意外にこれで安定している。

映像のコードと電源のコードを外し、ネジを4本外すと、モニターが外れる。
あとは、新しいモニターから、スタンドを取り外し、またネジ4本で取り付ける。

モニターのメーカーは、同じEIZOにしたので、電源のコードは、そのまま使えました。
電源のコードを、アームの中から抜くのに、かなり面倒な作業がいるので、助かりました。 

21.5でも横幅は問題なさそう。
まだ換装してないチェアーの分は、欲張って23インチにするか迷い中。

あとは、17インチのモニターとスタンドの残骸をどうするか。
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る