ブログ

熱中 芝生

土曜日の診療後に、駐車場の清掃をしました。

どこからか飛んできた枯葉が多量にあったのと芝生が伸びていたので。
すごく暑い日だったのですが、この時期、13~14時前後は、駐車場が日陰になります。 
そして、暑い時は、蚊がいない。

昼食をとらずにやったからか、水は飲んでいたのですが、熱中症のような症状になってしまいました。
汗はすごく出るのに、体温が下がらない。
ポールの周辺は、ハサミで刈り込むのですが、体温が上がりきってしまい、思うように身体が動きません。
かっこ悪いですが、この状態で諦めました。

これくらいの作業は何でもないとなめてました。

少し休憩し、ここから、15時頃、自転車で移動。さらに症状は悪化。

日陰でも、暑い時はダメ。
スポーツドリンクは必要。
ちょっと休憩しただけでは回復しない。
と勉強できました。

この後、ちょっと自宅で寝て、夕方、また庭仕事をしてみました。
1時間くらいすると、やっぱり、調子が悪い。

夕食後、食事で回復した気がしたので、自転車で、仕事場へ。
今度は、外周りではなくて、ちょっとお勉強することがあったので、室内で、エアコン効かせて。 
頭はちゃんと働く、でも、帰りの自転車はやっぱりきつい。 

食事をとっても、ある程度しっかり寝ないと身体は回復できない。
と勉強しました。

翌、日曜日。
身体の調子を調べるために、早朝また医院の駐車場へ。
やり残したことがある。

 

ポールの周りの芝刈り。
あと、ナンキンハゼが、車の高さまで、垂れ下がっている。

この時期、葉には毛虫がいるので、注意。

患者様に迷惑をかけれないので、この垂れ下がった葉を切らなければ。 
 

脚立を使って、作業。
朝6時頃でも、日差しが強いが、暑くはない。
でも、しばらく作業していると、まだ、回復していないということに気付きました。

気温は高くないが、作業すると熱くなり大汗かいている。ふらふらする。

5時半出動、暑くなる前に、ということばかり考えて、朝食をとっていない。
あと、スポーツドリンクも忘れた。

ここからが、緊張の連続です。この葉をゴミ袋にいれるのが一番恐ろしい。
毛虫、その他の虫がいる。
長袖着てくるの忘れてた。
この日は、それほど虫もいなくて、大声だしたのは、2回で済みました。

この後、昨日のポール周辺の芝生を刈ろうとした時に、身体の異変に気付きました。
手に力を入れようとすると、手が震える。
痛み等はないのですが、握ると震える。

後で考えると、昨日の症状は、熱疲労で、今日の症状は熱けいれんやね。

なので、刈り残しはそのままに帰宅。

気温も注意必要だが、食事、飲み物も大事。影響大。
普段外で働かせてない身体は、暑さに弱い、一晩寝ても回復しないこともある。
と勉強しました。

日曜日は一日中、休憩して、夜も早く寝たら、回復したみたい。

昔は何ともなかった、いや、昨年まで何ともなかった。
昨年までも、同じようなことしてて、問題なかった。
身体の劣化を認めたくなくて、いろいろ試しましたが、やっぱり劣化しとる。
今年はいろいろと忙しくて、完全に運動不足。 
筋肉が落ちたのが原因だと思います。たぶん。
筋肉は水の貯水池。 
筋肉が減ると、身体の水分量も減る。 

筋肉がない人が熱中症になりやすいというのは本当だったと自分で実証。

劣化には逆らいたいです。いたわるより、トレーニングすることにします。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る