ブログ

かっぱえびせんの代償

日曜日のおやつの時間。
テーブルにいくつかのおやつが出てました。
家族でお話ししながら食べていると、息子が突然シクシク泣きだす。

ぼく かっぱえびせん ひとつもたべてない

彼がアイスクリームを食べている間に、彼が出してきたかっぱえびせんがなくなった。
かっぱえびせんは主に僕が食べたので、翌日責任を取る。 

電車が観れる公園として有名な遠賀まで行きました。
雨上がりの曇り空の朝なので、誰もいませんでした。

息子は大興奮。
電車の待ち時間も遊具で遊べる。
濡れてるから座るなよ と言ったのですが、

お尻をおさえているから、たぶん一瞬で濡らしたな。

公園に来て、2分後にはお尻を濡らしてました。
水たまりに突っ込んで、靴もビショビショ。
寒いから帰ろうかと言っても、全然寒くないから帰らないと言うし、お尻は放置。 

せっかく来たから、本来の目的の電車見学。

本当にすぐそばを通るので迫力がある。

三女も巻き添えだったのですが、この子は何故か薄着。

多分、僕らが家を出る直前に、息子から無理に誘われたからかな。

僕と三女は帰りたいモード。
でも、息子は帰らないモード。
キリがないので、次で最後と宣告する。 

貨物列車が見たいと祈る

も残念。

なんだよ普通かよ みたいな空気になっていたのですが、
目前で汽笛を鳴らしてくれて大興奮。
良かった無事に謝罪見学は終了。

帰りに公園の近くのスーパーで、弁償のかっぱえびせんを買って帰りました。

この日は、夕方から三女のスイミング。
祝日の時にしか見ることができないので、久しぶりに見に行きました。

 

落ち着きなく、うろうろする息子を無視して、しっかり見学。
前回来た時はクロールの息継ぎを習っていたのですが、今は平泳ぎです。
びっくりするくらい綺麗に泳いでました。
キックが綺麗なので、それだけでも伸びる。
頑張っている様子を見れて良かったです。

今は5年生で、4年生の夏に始めたと思うのですが、上達が早いです。
祝日でも、必ずスイミングには行くし、行きたがります。
スイミング自体も上達することも楽しいみたいです。 
成功体験で楽しく上達するためには、ある程度体が大きくなってから始めるのも良いのかもしれません。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る