ブログ

唾液検査

口腔内の状態を把握するのに役立つ機器を導入しました。

患者さんには、少量の洗口用水で10秒軽くすすいでもらって、紙コップに出してもらうだけです。
その試料を元に、機器で測定します。

試験紙に反応させて、それを測定機器で読み取ると、平均値からのずれが数値となって出てきます。
データはPC内に取り込まれるので、即日プリントしてデータをお渡しできます。
データは保存されていき、今後の変化をみることもできます。

測定されるものは、むし歯菌、酸性度、唾液の緩衝能、潜血、白血球、タンパク質、アンモニアです。

むし歯になりやすい状態か、歯周炎で炎症が起きているか、口臭があるかなどが、大まかに分かります。

現在はスタッフで試用している段階ですが、思わぬ所で悪い値が出てきて、自分で気付いていない注意点を知る事ができて良いです。

試験紙もそれなりの金額しますので、何度も何度も試すのは費用がかかりますが、しっかり練習してミス無く活用できるようになったら、患者さんにも案内しようと思います。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る