ブログ

ブレーキ調整 ピストン

前に乗っていたMTBを一時的に復活させる必要があり、
整備していると、ブレーキの調子が悪いので調整してみました。

MTBのブレーキは油圧のディスクブレーキです。
この油に気泡が入ると、効きが悪くなります。
それで、エア抜きというのをやります。
本当はプロに任せた方が良いのですが、好奇心を優先させてしまいました

いろいろ下調べして、トライ。
194753

ブレーキレバー側と、ブレーキのピストン側とで出し入れするのですが、あっち見て、こっち見てで、あたふたしました。
でも、何とかなった感じです。

ただ、ピストン側に問題が
231233

ブレーキキャリパーのピストンの出方が左右で違います。
231214

ブレーキレバーを握ると、中央に写っているピストンが左右から押し出され、ホイールについたディスクを挟み込み、回転を止めます。
左右のピストンがスムーズに動かないと、制動に問題があり良くないです。

インターネットにいろんな情報がのってましたが、試してみても解決できない程、状態が悪くなってました。

幸いなことに、僕には行きつけの自転車屋さんがあります。
click八幡の店長に状況を説明し、解決法を教わります。

帰宅して、早速試します。
教わった通りにすると、すんなり解決しました。
232002

プロの技は、ネットには載っていないのです。

機械いじりがしたくて、自分で自転車を整備してみたりはしますが、click八幡の後ろ盾が前提で触っています。
通販で自転車が安く買えたりするみたいですが、プロショップで買う方が、結局安上がりです。

乗っても、整備しても、改造しても、眺めても、自転車は楽しいですよ。

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る