ブログ

通気性もあるウインドシェル

冬、山に行くときの服 上半身は、3枚。
行動中は一番外を脱いでだいたい2枚。

ベースレイヤーの上に蒸散性も良い保温着
そして、一番外は風を防ぐアウター。気温によって、それぞれの厚みを変えるだけですが、低山しか行かないので、厚めの物は持ってません。
アウターは通気性の無いウインドシェルか、レインウエアしか持ってなかった。暑くなれば脱げば良いのですが、着たり脱いだりが面倒。

ということで、ウインドシェルなのに、風を通すやつをゲット。
Teton Bros のWind River Hoody

ベースレイヤーなどよりも軽い110g。
ストレッチもきいて動きやすくて、さらっとしてベタつきも無くて、着心地は最高。
Pertex Microlight という素材。

透けて見えるくらい薄い。
通気性は思っていた通りかなり良くて、汗をかいても、風が通って乾いてくれます。
この間、4時間ほどハイキングしましたが、一度も脱がずに行動する事が出来ました。
適度に風を防いでくれる感じが最高です。
これはどこでもかなり重宝しそう。

PERTEX QUANTUM AIR という素材のさらに通気性が良い素材のシェルも
手に入れて、用途で使い分け。

保温着は帝人octa使用のもの。
Tシャツよりも軽いし、汗の抜けも良くて、かなり身軽に歩けました。
着ている物でこんなに変わるとは思ってなかったです。
アウトドアウエアの更新で随分快適性が変わりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る