ブログ

口腔内写真用カメラ 

歯科専用で販売されている、一眼レフのセットがありますが、
信じられないくらい高いので、本体、マクロレンズは自分で用意し、
リングフラッシュのみ、歯科用を購入しました。

ミニリングR&W という歯科用のリングフラッシュ
Img_7456
販売は、株式会社 IHS さんで、直販です。
http://ihs3.com/goods.html

本体は、CANON EOS Kiss +   CANON EF-S 60mm マクロ
合体して、こんな感じです。すごくコンパクトです。

Img_7473
本当は、マクロレンズは、SIGMA MACRO 70mm の方が良い
らしいのですが、今回は軽さを優先しました。
すべて合わせた重量は、約1250g です。(バッテリー込み)

CANON EF-S 60mm マクロは、インナーフォーカスで、
レンズ全長が変わらないので良いと思います。
本当は、撮影部位ごとに、倍率を一定にし、MFで撮影する
べきなのですが、デジタルだし、後でトリミングすれば良いので、
AFで撮影しても良いと思います。
当院では患者さんへの説明、治療の記録がメインなので、
規格写真にはこだわってません。

このリングフラッシュは、前面にLEDが3つあり、これが結構明るくて、
口腔内のミラー像も、AFで容易にピント合わせできます。
フラッシュの径が小さいのがポイントで、口腔内を撮影するのに
丁度良く光がまわります。
Img_7463
これさえ買えば、わざわざぼったくりの歯科専用品を買わないで済みます。
有名な先生が開発されたそうですが、本当に感謝しております。

リングフラッシュを付けた状態だと、レンズキャップが付けれないので
レンズ保護用のフィルターを追加で購入しようと思っています。

このセットは、華奢なスタッフでも撮影しやすいとのこと。
良かった いろいろと悩んだかいがありました。

?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る