ブログ

ボトムブラケット 専用工具でグリス

ボトムブラケットとは自転車の一部

ペダルが付いている棒はクランク
左右のクランクは軸の棒で繋がってて、回転しますが、その中心の支えの部分?

この部分をメンテナンスしてみました。

クランクを外します。

白のアダプターが汚れている感じはありますが、それほどでもない。

内部にはベアリングが入っていて、グリスを置き換えてあげる必要があります。
専用の工具があります。
click八幡で、工具を借りて来て、装着。

工具の先端からグリスを圧入すると、隙間から古いグリスが出てきます。

出てきたグリスを見る限りは、そんなに汚れてなかったので、問題なしだったかも。
半年以上経過しているし、2000km以上は走っているけど、そんなに劣化はないみたい。
でも、半年に1回メンテナンスしてくれ ってどこかに書いてあったから、これからも続けよう。

このブログを書きながら、ふと足元を見て、分解整備つながりで、思い出しました。
診療用の椅子。これは、確か1年くらい前にキャスター部分を掃除したはず。

最近何だか、また回転が悪い気がします。


 

履歴を見ると、1年前に一度分解していました。 
かなり面倒だった記憶があります。
診療時の安定性のために、すごくしっかりした造りで、重さもあるので、キャスターも負担が大きい。
元々、整備するように作られていないので、買い替えが前提だと思います。
車輪自体に傷が増えて、床を傷つけている感じもします。 

1年前は、キャスター1個3000円 1脚に5個あるので、15000円。
この椅子が6脚あるので、合計90000円 という計算でした。
それで、更新はやめて、分解清掃しました。 

今年もう一度、値段を聞いてみよ。値上がりしてそうです。
でも、そろそろ交換したい。

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る