ブログ

機関車好き

息子は、機関車が好き。

これは、機関車トーマスの影響です。
機関車トーマスのプラレールは、10台以上あります。

1番のトーマスから、7番のトビーまではある。
他に、ルーク、コナー、ケイトリン、デニス等。
あと、息子が顔真似をするスペンサー。
ちょっと上を向いて、顔をのぺーっと平たくします。
 

幸いなことに、 現行で販売されている物に限りがあります。
8番のダックから売ってないので、打ち止め!

と、思っていたら、最近は、
「顔のない機関車がほしい」と言うようになりました。
どうしたのか、現実路線に変更したらしいです。

で、プラレールのD51も買わされました。

お姉ちゃん達の時は、ここまでおもちゃは買ってあげてない。
息子に買ってしまうのは、女子の中で育ち、女子のようになったら困るという危機感からだと思います。
だから、お姉ちゃん達が遊ばなかった、プラレールやトミカなど、男の子のおもちゃは許してしまう。

顔の無い機関車が好きになったのなら観に行こうということで、
門司港近くの九州鉄道記念館 に行ってきました。

晴れててよかった。

巨大ジオラマの中のHOゲージの電車を走らせます。
何気に三女が上手でした。
 

昔、父親から、海外のお土産で、Nゲージ?のセットをプレゼントされ、
走らせるのが楽しくて仕方なかったのを覚えてます。
プラレールと違って、操縦できる感が面白い。

Nゲージという物が、身近に売っているということを、息子に知られないようにしなければなりません。 

で、あとは、ミニ鉄道

これが楽しかったみたいで、3回乗りました。

息子にとって、汽笛の音は、「ホーン ホーン」だそうです。

ちなみに、救急車のサイレンの音は、「ハーホー ハーホー」です。

そして、お目当の顔の無い機関車

喜びつつも、これが動かないことに納得がいってないようでした。
これが動いているところに行くとなると、ちょっと旅行に行かないと。

僕も走ってるところは実際に見たこと無いので、ちょっと調べてみるか。
息子と2人旅ってのもありだな。 

そして、このあとは、海峡ドラマシップ。

ここは三女が行きたいというので。

でも、結局、次女も三女も息子の世話に追われてました。

今回は、息子のためだけの接待おでかけ。
お昼ご飯くらい、娘達にご馳走してあげればよかったのですが、自宅に帰り、うどん。

今度は、娘達優先のおでかけを企画しないとね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る