ブログ

カラーアルマイト? ゴールドは目立ちすぎ

詳しいことはわかりません。
アルミニウムの表面加工処理?

今回も僕の備忘録。

僕がお世話になっている自転車屋さん Click八幡 の店長が、
自分の手持ちのパーツの色を変えるというので、僕は便乗させてもらいました。

ちょっと前に、ホイールのカラーアルマイトをしていて、
なかなか仕上がりが良いのを見ていたので。

僕のパーツは、散々に扱ってきた、ストレートラインのペダル。
元々は、レッド、これの色をはいで、ツヤ無しのただのグレーにしてました。
小キズもいっぱい。 

で、そんなペダルを今回は、ゴールドにしてもらいました。

ツヤ無しをアルマイト処理して、ツヤ無しのゴールド。
純正でゴールドは無いし、面白いと思います。
そして、表面処理のお陰で、耐久性も復活?

あと一つは、DKGのシートクランプ
元々 ブラックだったのをゴールドに。

 

元々、ゴールドであったかのような仕上がり。
カラーを変えれるのは、魅力的ですね。雰囲気がガラっと変わります。

僕のMTBには、ちょこちょこと、ゴールドのパーツがあります。

なぜゴールドか?
以前、乗っていたMTBは、黒地に赤、白でした。
これにパーツを足す時に、赤がそんなに好きじゃないので、何となくゴールドにしました。 

ゴールドなら、 フレームを変えて、フレームの色が変わっても、何となく合わせることできるので、そのまま使えそうという、ケチな考えが大きかったと思います。

あと、パーツのメーカーが違って、色のバラツキがあっても、ゴールドの場合は、そんなに目立たない。 

今回のペダルと、クランクのボルト、ハブ で色味は違いますが、何となくOKです。 

ゴールドの良いところ。 

まぁ、普通に自転車に乗る分には、どうでもいい事なのですが、地味な色のMTBの一部に色味があった方が、自己満足度は上がります。趣味の物なので。

それで、現状を見ると、ゴールドがちょこちょこと目立ちだした。
ハンドル周り等、乗っていて目に入る部分は、黒にしていますが、そろそろ色を入れるのは終わりかな。

ところで、よく考えたら、元々、ゴールドはそんなに好きでもない。

このMTBのパーツ以外で、ゴールドの持ち物なんて無いし。

僕、本当はブルーが好きです。

今回の便乗で、このカラーアルマイトという方法は面白いし、良い!
というのが分かりました。

今のゴールドのパーツを、いつかブルーに変えれたらいいな。

その時は、あの店長にお願いしよ。何とかしてくれる。

それにしても、今回のあの店長にはびっくりしました。
僕は、使い古しの物で試したのですが、あの店長は、未使用の新品を いきなりアルマイト処理に出してたから。

それも、高級なフレームの一部やら、高級なサスのパーツやら。
自腹で実験。遊び心あり過ぎ。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る