ブログ

トレッキングポール

長距離歩く予定なら持って行きますが、
通い慣れた山なら持っていかない。
ただ、疲労で足に痛みが出たり、足を捻ったり、
何かあった時には有効なもの。

最初に手に入れたのは、
モンベル アルパインカーボンポール アンチショック というやつ。
そこそこ軽量で丈夫だと思います。
ただ、収納時のサイズが63cm あり長いので、何かに備えて持っていく気にならない。

何かに備えて持ち歩くなら、短くなる方が良い。
シナノ フォールダーTWIST125
折り畳み式で、収納時は37cm と、だいぶコンパクトになります。

上がシナノ 下がモンベル の収納時

このモンベルのポールは、伸縮式で、比べると太いので、剛性は高い感じがします。
収納長は長いですが、シナノのポールより10%くらい軽いです。
アンチショックというスプリングで衝撃を吸収するパーツは手に優しいですが、
先端に重さがプラスされるので、振りやすさを阻害しているかも。
でも、収納性以外は不満は無い。

シナノのポールは、組み立てが楽。
コンパクトになる割には剛性は十分。
比べてしまうと、シナノのポールの方が振りやすいです。
少し重いはずなのに、軽く感じます。

もっと軽量な折り畳みのポールで、ブラックダイアモンドのものもありましたが、
振った感じがしっくりこないし、華奢過ぎたので、このシナノのポールにしました。

シナノのポール、この間の藪漕ぎでは、無茶な使い方もしましたが、
何ともなくしっかり耐えてくれました。

最後の下りでは、股関節痛が出始めたので、このポールに助けられました。

非常時に備えて忍ばせておくのは大事だと実感した日。
そのためのコンパクトな収納長、軽さは、バックパックに入れるのに
億劫にならない。しかも、使いやすい。
シナノ フォールダーTWIST125
とりあえず、これが今の所のベストバランス 万能だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る