ブログ

コンプレッサー逝かれました。

ブログ引っ越しで、投稿の仕方をイマイチ把握できていないので、ちょっと練習。

11年間、ずっと回り続けた縁の下の力持ちのコンプレッサーが故障。

機械室の奥にあるので、普段はあまり存在を感じないのですが、歯科医院の場合、このコンプレッサーが無いと仕事ができないので重要な機械です。

完全に壊れたわけでは無く、エアーが漏れながらも辛うじて診療ができる状態で気付けたので、患者様には迷惑をおかけせずに済みました。

 
新しいコンプレッサーを導入。
2つのコンプレッサーが内蔵されていて、交互に運転します。
もし、片方が壊れても、もう片方で診療を続けることができます。
そして、ドライヤー。エアーに入った水分を取り除く機械。
これが今まで無かったので、エアーに水が混じることがあったのですが、今後はそれも少なくなりそうです。
 
 
コンプレッサーは稼働時の音がそこそこ大きいのですが、
新しくなって少し音が小さくなりましたし、稼動する回数も減ったので、良かったです。
騒々しいオフィスから、静かなオフィスと言うレベルまで下がりました。
 
夜、技工することもあるので、静かで迷惑がかかりにくいのは助かります。
 
今回は、コンプレッサーを取り替えることになって、すぐに業者さんが対応してくれました。
物を揃えて、設置するまでの日数がすごく短い。
そして、設置時に当院の設計の問題で、器具が足りなかった時も、夜に出直して設置してくれました。
 
診療用のチェアー等、何か不具合があった場合は、大抵その日、遅くても翌日には対応してもらえます。
こういった業者さんのおかげで、診療が成り立っています。
ありがたいです。
 
 
 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る