ブログ

デジタルレントゲン更新

以前からレントゲンはデジタルでしたが、より診断の精度を上げるために、最新機種に更新しました。

以前の機種は、CCD方式でした。
照射線量が少ない等の多くの利点は、いまだあります。

ただ、使い始めて10年も経ってないのですが、画像の精度について、最新の機種には劣ります。

今回、導入した機種は、方式が違い、IP方式です。
センサーに大きな違いがあり、分かりやすいのは厚みです。
Dsc02057
上が、IP 下がCCDです。
IPは以前のレントゲンフィルムとほぼ形態は変わりません。
薄いので、CCDのように患者さんに苦痛を与えなくて済みます。

撮影した、IPを下のスキャナーで読み取ります。
VISTA SCAN
Dsc02058_2

しかっり解像してくれて、より正確に診断できます。

撮影したレントゲンは、モニターで説明させていただきます。
Dsc02062_2

治療にあたっては診断が一番大事なので、今回の導入は非常に有用だと思います。

あとは、サージテル高倍率、LEDライトでしっかり見ることも診断の一助になります。

Dsc02061_3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る