ブログ

食の安全

歯科はリスク高くて危ない 歯科で感染する と煽るメディアや
休診してほしいとSNSで発信する自称歯科スタッフが多くいたらしいですが、
全国4万人規模の抗体検査結果を見て、どう思ったでしょうか?

結果は、医療従事者の中で、歯科医師が最も陽性率は低く、その次は歯科助手でした。
安全とは言いませんが、言われていたような大きなリスクは無いと思います。
知識も無く色々と発信するのは恥ずべき事です。

当院のスタッフは、こちらから休んでもいいと伝えましたが、出勤したいと言ってくれました。
普段からしっかり対策しているとスタッフにも安心してもらえると実感しました。

コロナウイルスの影響で健康について考える事が多くなったと思います。
手洗いや消毒で感染対策はできるかもしれませんが、身体が健康であれば、ウイルスなんて些細な問題かもしれません。

せっかくなので、食の環境についても考えた方が良いと思います。
以前から米国やオーストラリア産の牛肉は危ないと言われてますが、貿易協定のせいで価格も下がりますます買いやすくなってしまいました。
肥育ホルモンを投与された薬剤まみれの肉が、車を売るのと引き換えに緩い規制で輸入されているというのは理解していた方が良いです。
随分前から言われている事ですが、最近も鈴木宣弘先生の記事で読みました。

EUでは禁止されている物ですし輸入も禁止、国産にももちろん使われていません。禁止だから。
でも日本に輸入はされている。安全では無いものに基準値作って、安全な物のように入ってくる。意味が分かりません。

あれ食べてると、乳がん、子宮体がん、前立腺がんなどのリスクは何倍にも跳ね上がる。禁止したEUでは禁止後に乳がんが優位に減少してる。

今回の米国での感染の広がりも、食生活、肥満などと関係しているんじゃないかと僕は思います。

我が家は、アメリカ産、オーストラリア産の肉などは買わないようにしてます。
ファストフード系では、それらが使われているので、家族ではなるべく食べない。
子供達にリスクを負わせたくないですから。

僕自身はジャンクフード嫌いじゃないので、マックや牛丼やファミレスも行きますし、健康オタクでも無いので、そんなに気にしてません。
それでも、行くのは合わせて年に5〜6回くらいだと思います。
年とともにあれ系食べるのが少しきつくなりました。

子供達が友達と出かけた時に食べるな とは言いたくないので、普段は食べない。

米国産の小麦も除草剤まみれで、防かび剤が食品添加物として入っているのですが、今は食べちゃってるので、今月からは国産小麦粉に変えます。

危ないとみんなが気付いた時には、大事な農家さんがやっていないという事態になるのは防がないと本当に危ないと思います。

我が家は、お米は農家さんから直接届けてもらってますが、小麦や他の食材も同じようにして行きたい。


関係ないですが、体重管理の記録。
今まで何となくで済ませていたのですが、太りやすいので、
先月から毎日体重計に乗るようにして管理するようにしてみました。
勉強会で一緒の先生が言った言葉は正しかった。

忙しい時にわざわざ食べない。
お腹が空いてもないのに食べない。

水曜や土曜日の午後休診の時は、なんだかんだで夕方まで忙しいので、昼食を食べないようにしました。
それだけで食事の機会が1割減るので、運動しなくても普通にしてれば太りません。

朝食前、夕食後に体重計に乗っていると傾向がつかめました。
身長からすると、BMIの標準体重のど真ん中が、65,2kgくらいなので、夕食後にそれ超えてたら、次の日ちょっと気をつける。

普段はこの間を行ったり来たり。
時々、飲んで食べてをしっかりしちゃうと、
一気に、

毎日体重計に乗ると、すぐに気付けて、次の日にリセットできるので楽です。
昔から言われてた方法ですが、面倒くさがらずにこれからも毎日体重観察して楽しようと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る