ブログ

マスクやアルコールの供給ストップ

今月初めに業者さんに聞くと、マスクや手指消毒用のアルコール、消毒用のエタノールなどは、メーカーにも問屋にも在庫無くなったとのこと。
なかなか手に入らない状況が一般でも続いているようですが、こちらも同じです。

当院では普段から、何らかの事態で供給不足が起こる事を想定して、それなりにストックしてます。しばらくは困らない。
感染の広がりはすぐには落ち着かないと思いますが、供給不足が早く解消されると良いですね。

清拭用のワイプは、エタノール系ではないものを随分前から使用しています。
こちらの方が効果が高いとデータであったので。
患者さん一人診療するごとに毎回これで拭きます。
エタノールの在庫が無いなら、こちらはお勧めですが、1つ3000円弱するので、少しハードルは高いかもしれません。

エタノールも別の用途で使用しますが、使用率が高く無いので、
30Lほどのストックでしばらくは大丈夫と思ってます。
エタノールで消毒は意外と難しい。
びしょびしょに濡れた状態で20秒くらい、できればワイプの生地の性能が高い方が良いし、揮発しやすいので色々気を使う。
消毒するための物は意外と代用品はあります。

乾いても効果が持続する便利なものもあります。

バイオトロール。どんな所にも使えるので便利です。
これは10倍希釈。1本買えば5Lになる。

ついた汚れはとるのは前提なので、当院では東レのトレシーも使用しています。

次亜塩素酸なども濃度を調整すれば、色々と使える。
除菌剤という感じで売っているスプレーもありますが、
普通に買える6%程度の次亜塩素酸を薄めるだけで、同じ効果の物を作れるのですごく安価。

手指消毒剤は、自動で噴射されるタイプで使用していますが、これらの機器までも在庫切れのようです。
壊れた時のためにハンドポンプも念の為に用意しました。

ただ、一番大事なのは手洗いで、幸い手洗いの石鹸は売り切れなど無い。
手洗いは意外とおろそかになりやすいです。
慣れても30秒くらいはかかります。
ネットなどでも調べれば出てきますので、この機会に正しい手順を身につけると良いと思います。

日常使うものの流通が滞ると、現状に問題が無いのか冷静に判断しなければいけません。
医療機関でしか使いそうに無い薬剤などは普通に在庫あり、一般で使用されそうな物が在庫無し傾向。
とりあえず、今後数カ月で医院に不足しそうな物は無いし、通常通りで良いと判断できました。

ついでに、
飛沫感染については、今ニュースで色々言ってますので、知る機会は多いと思いますが、身長150cmの人で、2秒で2m飛ぶ。
咳は時速160km
くしゃみは時速320km
まずよけきれない。
5分間の会話でも咳と同じ程度の飛沫を発生させます。
マスクは他人に勢いよく飛ばさないための思いやり。
他人にうつさないため。

今回のウイルスの事は知りませんが、目の前でウイルスの飛沫があればマスクなんて・・・

マスクで予防した気になるくらいなら、
手洗い、うがい、不潔になった手で顔まわりを触らないなどを徹底。
食事睡眠などの体調管理。
他に色々とやれる事はありそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る