ブログ

機能的矯正装置

色々な装置がある内のマルチファミリーという装置を当院ではよく使ってます。

最初にこの装置の勉強会に行ったのは、2013年東京。イタリアの先生でした。
装置自体はフィンランドの会社 LM-Instruments が制作してます。

これが日本人に合うのか?など色々と疑問がありましたが、数多くのサイズがあり、選択肢が多いので問題無いと判断し、それ以来当院でも使用してきました。

この装置はマウスピースなので、本人が使用してくれないと全く効きません。
本人と親にどれくら熱意があるかが重要と思います。
本院には矯正専門医がいますので、こういった装置で改善できる所はしといて、時期になり必要なら矯正をしてもらうという事もあります。
ただ、頑張った子が、この装置だけで綺麗な歯並びを手に入れるのをたくさん見てきたので、適応症は限られたりしますがかなり有効だと思います。

白く見える方がマルチファミリーです。これはほんの一部。種類やサイズが豊富。
右のブルーはT4K。違うメーカーの装置です。

これらは、口周囲の筋肉の調和や、正しい舌の位置の誘導などを目的にしています。
その子に合った物を選ぶ必要がある。

マルチファミリーがモデルチェンジしていたので、勉強会に行ってきました。
スタッフにも知ってもらいたかったので来てもらう。

大阪。

大都会。大阪駅周辺はすごいですね。

駅出て、宿泊施設まで歩いていたら、モンベル。
ついつい入ってしまう。
自転車のパーツもそこそこあってびっくり。

地元では少しマニアックなメーカーだと在庫は無いし、少額のパーツを注文すると嫌がられるので、荷物にならない物を購入。

別になくても良い物ですが、目の前にあると欲しくなる。
フロントのサスペンション裏に蓋をするやつ。
ここのスペースに、歯ブラシと歯磨き粉入れようと思っていたのですが、
入らなかった。

バルブコアも外せる、バルブキャップ。バルブコアを締めたり外すときは横向きで力もかけやすい。

同じような物も持っているのですが、これは上下でひっくり返して使う。
キャップしても上に穴が開くから何か嫌で使ってなかった。

あとはついでにコブラ。

こんな無駄な買い物しましたが、
仕事の後移動したし、疲れもたまっていたので、ちゃんと早く寝て勉強会に備えました。

スタッフとは翌朝合流。
せっかくだから前日は遊びなさい。若いし。体力あるだろうから。
と指示してたスタッフは素直に楽しんでくれたみたいですが、
朝は僕より早く来てるし、勉強のためだけに来た僕が途中で寝てしまっても、
彼女はしっかり起きて聞いてくれてました。

ちょっと情けない僕でしたが、学んだことは生かそうと思います。

帰りの新幹線待ち。
駅の混雑ぶりに引きましたが、何とか座れるところを見つける。

串カツは食べた ということで、たこ焼き、ねぎ焼き。

これは、味がどうこう じゃなくて混雑している中、座れる所を提供してくれる素晴らしい店でした。

嫁さんと息子が小倉まで迎えに来てくれたので助かりました。
一方、スタッフは、この後、友達と用事がある ですと。
翌日からもちゃんと働いてるし、若さに圧倒されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る