ブログ

鹿のツノ

天候に恵まれず、なかなか海に出れないので、仕方なく山遊び。
ですが、やっぱり山に入ると気持ち良い。

今回は、nさんの提案で鹿の角を探してみようということに。
角は生え変わる。痒い?から、木で擦って、角が落ちるらしいです。
トレジャーハント。ロマンがあってなかなか面白そうな企画です。

鹿の角は、犬が大好きらしいです。
2人とも犬飼ってないので、あまり意味ないですが、犬飼ってたら一石二鳥の探検になります。

我々2人の山遊びでの経験から、鹿との遭遇率100%の山を選択。

ついでにMTBも楽しみつつ、鹿の痕跡を辿ります。

選んだ山は、人もほとんど入らないので、林道添いの木に思いっきり痕跡があります。

角でガリガリ擦って、木の皮がハゲてます。
出てきた樹液が新しい所もあれば、古い所もある。
フンはあちこちにあるので、鹿がそこそこいるのは間違いない。

何しろまだ見たこと無いから、どこを探せば良いのか、どんな感じで落ちているのか、どんな色になっているのか分からない。

途中休憩。今回もnさんにご馳走になる。

定番。やっぱりすごく美味い。これから寒くなっていくのでますます必需品。
有名店で1時間並んで食べるなら、僕は1時間山を登ってカップヌードル食べます。

その時は突然やってきました。

nさんが発見! 
今回は見つからないだろうと思っていたのですが、山に入って2時間で見つかった。
片方だけだったので、この周りも念入りに探しましたがこれだけでした。
昨年角を擦ったであろう木の周囲でした。
真新しくは無いですが、意外に白くて綺麗です。

この発見で落ちてそうな場所が大体分かりました。
いつもは山の急斜面で見かけることが多い鹿ですが、角擦るのは、足場が安定する所。斜面の木にはほぼ擦った跡が無い。
木の周囲が少しひらけた場所。

それにしても、久しぶりに歓喜しました。
トレジャーハンター 面白いです。

MTBに乗りつつも、目線が鹿の角のありそうな場所に。
少し走っては止まってを繰り返す。

そして、もう帰ろうと麓の方に移動していると、怪しい場所がある。
そして、探索の末、またnさん発見!

近付くと、ちょっと戸惑った顔をしてる。
!! なるほど、頭蓋骨付きのリアルなやつね。

これのお陰で、角が頭から直で生えているのが分かり勉強になりました。
僕も持たせてもらいましたが、なかなか立派なサイズで重たかったです。

2人とも少しひいちゃって、どうする?
nさんがちゃんと元の場所に安置し、記憶だけ残すことにしました。

何かを探しながら山を歩くのも楽しいですね。
普段目に止まらない場所にも目が行く。

色は少し気持ち悪い。そして少し硬い。
ヒイロタケというやつだと思います。

知識が少し増えるのも楽しい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る