ブログ

四国旅行 その2

松山に泊まって翌朝。
嫁さんは、5時くらいに起きて周囲を散歩したようです。

朝7時過ぎに起きて、外を眺めてたら、嫁さんからLINE。
よくよく外を見ると、お堀の横を嫁さんが歩いててびっくりした。

実は嫁さんは、隣の部屋の次女とスマホでやり取りして、外から見上げてたみたいで、
隣に人影が見えて、僕が起きた事に気付いたらしい。

部屋の並びは、嫁さん次女ペアの部屋 僕息子ペアの部屋 長女三女ペアの部屋だった。

嫁さんから
裸やん?
ってLINEがきて、2度びっくりしました。
10階に泊まっていたのですが、下からでも、裸で立っているのは丸見えらしいです。

ここは、部屋から路面電車が観れて面白い。
先の方で、真っ直ぐに行くのと、右に曲がるのとに分かれるのですが、
ポイントの切り替えなどは、どうしているんだろう?

この日は、高知に移動するので、すぐにチェックアウトする。
ゴールデンウィークに信じられないくらい格安で泊まらせてもらって有り難かった。

部屋から松山城が見える良い部屋でした。
ただ、見えてしまったおかげで、行かなかった。

朝食は、嫁さんが調べてくれたレストランへ

ここはすごく良かったです。
半個室で家族みんなで落ち着いて朝食を楽しめました。
朝一から、次女、三女が甘〜いのいってたのはびっくりしたけど、
ちょっと食べさせてもらうと、これが美味しかった。
コーヒーも美味しくて、しかもポットでくるから、3杯分あってかなりお得。

良い朝食食べて高知へGO。

特に渋滞など無く、初高知。
たくさん見たい所はありましたが、今回は時間がないので、メジャーな桂浜。
もちろん、駐車場は満車だったから、2Kmほど離れた海沿いに停める事に。
でも、ここの景色も良かった。
押し寄せる波の高さに圧倒される。

見渡す先に島が無いというのは、福岡では無いので新鮮でした。

ここから、丘を越えて桂浜まで歩く。
写真で見た事ある景色。

一応、龍馬像の前でも記念撮影はしたけど、お土産物屋さんには寄らず。
あまり龍馬グッズには興味無いし。

ここの名物では無いと思うのですが、良いにおいにつられました。

いか焼き美味しかったです。

食後のデザートは、名物っぽいの

アイスクリン
確かになつかしい感じの、なんか安い感じのアイスでした。
観光地には色々あって面白いですね。

曇り空だったのが、だんだん雨が降り出したので、すぐに退散したいところですが、
駐車場まで2Kmある。
行きは良かったけど、帰りは疲れました。
僕が念のためにリュックに傘3本くくって持ってきていたので、ペアになって移動。

砂浜を走り回ってたくせに、疲れてしまって、息子が途中からおんぶを要求。
息子をおんぶしたのがこたえた。次女が交代してくれなかったら終わってた。

そういえば、この写真の右奥に水族館?がありました。
この向こう側から歩いてきたのですが、この浜に近付くにつれ動物臭が漂い出したし、
この写真の風景に音をつけると、波の音よりも、結構大きなアシカの鳴き声です。
ただただ微妙な桂浜。

この後は、一応街中行って、はりまやばしというのを見学して、ホテルに向かいました。
途中、食べた肉そばが美味しかった。

高知ならではのラーメンが食べたかったのですが、6人だと小さい店には入れないし、
駐車場がないと困るし、連休で開いてないし、やっぱり大型店が便利です。
高知のラーメンじゃなくても、初めてのラーメンで美味しかった。
また肉そば食べたい。

この日も、ホテル側の都合で予約の部屋が変更に。
和室2室から、スイートルーム1室に変更。
良い部屋でまたまたラッキーでした。

残念な事に天気がイマイチだったので、ホテルでゆっくり過ごす。
定番の卓球ルームもあり、家族で楽しんだり、少しゲームセンターに行ったり、大浴場に行ったり。

そして、夕食はカツオを食べたい と出かけたのですが、考えが甘かった。
連休中だったし、中心部から離れると、夜は食べれるところがあまり開いてない無い。

海が見えるガラス張りのレストランで、海が見えない夜に高知とは関係ない料理を食べる。

ただ、お客さんも少なくてくつろげたし、安くて美味しかったし、良い思い出にはなりました。

次に高知に来る時は、しっかり時間とって、大自然を満喫できるコースを考える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る