ブログ

しまい込んでた自転車を復活させる

三女が使っていた20インチの自転車。
6年前に購入して、3年使って、その後、全部バラバラにして、
ベットの下に収納してました。

そろそろ息子が乗れそうなので、再度組み立て直す。

3年ぶりに見たけど、まだまだ綺麗。
3年屋外で使っていても、フレームは大丈夫ですね。

流石に、ワイヤー類はダメなので、それは交換する。
別の自転車用に購入していたブレーキのセットやら、ワイヤーやら。
交換が面倒で未使用、そのまま新品がある。
もう2〜3年前に買った物で、どう扱っていいのか忘れてました。
自分のMTBはオイルのブレーキだから、ワイヤーはよく分からない。

あとは、ホイールのハブもバラしていたのですが、ちゃんとグリスアップして
保管しておかないとダメですね。
ビニール袋に入れて、収納ケース内で保管していたのですが、空気中の水分で錆びます。

まぁ、ちょっと回転が悪いくらいが、スピード出なくて良いと判断しました。

一通り戻したのですが、一番大事なブレーキ部分。
グリップが大人サイズだと、息子の手の大きさで端を握るとレバーに届かない。

小さいサイズのグリップをClick八幡の店長に相談。

これを切って使うことに。
なるほど、良いアイディアです。
グリップは滑らないから良いし、形状的に切っても性能は変わらない。

切ったけど、思っていたより、綺麗に切るのは難しい。
細かい所が気にならない人なら良いけど、僕は気になるし、
歯科にはシリコン研磨できる道具もあるから、ちょっと研磨しました。

これの装着は、苦労しました。
イソプロピルアルコールで滑らせながら入れるのですが、僕の女子並みの握力、
薄い手のひらの皮では厳し過ぎた。
もうこれ買わない。
でも、握り心地は最高に良くて好き。

息子の握力でも、しっかりブレーキはかけれる様に、
レバーはグリップに近く設定し、効き始めも上の写真の位置になる様にワイヤーを調整しました。

このブレーキはシマノのT4000というやつ。
安い方だと思いますが、元々付いていたブレーキのセットよりも格段に引きは軽くなった。
息子でもちゃんとコントロールできるのを確認し、今回の復活作業は終了。

6年前の自転車でも、パーツ交換できれば、新車のようになるから、
お下がりでも嫌がられずに済みます。
でも、こだわったパーツにしちゃうと、新車買えちゃうので、バランスが大事。
後輪のリムだけ残して、組み替えてもらいたいと思ったけど踏みとどまる。

時間があれば、もう少しアウターケーブル、ワイヤーを短くすると記録。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る