ブログ

サーモス 山専ボトル

購入後、ちょうど4年経ちました。

先日、山でリュックから山専ボトルを取り出し、コップをはずすと少し水が漏れた。
nさんの奥さんから、熱湯を補給してもらった際も、同じく水が漏れたらしい。
普通に保温できてたので、すぐに劣化に気付きませんでした。
とりあえず、パッキンを交換することにしました。

一応、中せんと、パッキンを取り寄せてもらいました。

嫁さんがパッキンを交換しようとすると、
今まで使った中せんのプラスチックの一部がぼろぼろととれたそうです。

この水筒は、熱湯でしか使ってこなかったので、いつも高温にさらされ劣化してたのでしょうね。
水漏れの原因は、パッキンというより中せんの劣化だったようです。
自宅でも、沸かしたお湯を入れて、紅茶など飲む時に使ってました。
一度沸かしたら、けっこうな時間いい感じの温度で保温できるのでエコ。
それにしても、4年もよくもってくれました。

交換部品の中せんは、写真真ん中の茶色のパッキンがついた濃いグレーの物2つです。
中せんとパッキンのセットで700円。
パッキンのみは、300円。
価格差からして熱湯入れて使ってたなら、中せんごと同時交換が正解ですね。

コップは400円。
底のシリコンカバーは400円。
シリコンのグリップは300円。
という感じで、ちゃんと交換パーツが用意されてるし、入手も容易なのが良い。
交換する時は、色を変えると面白いかも。

この水筒は、900mlと容量が大きいわりに、本体重量は390gと軽量。
軽量なのは何より重要。
しかも、軽量だけど、保温性は良い。
1月の寒さの中を6時間行動した後でもカップヌードル3杯分作れちゃう。
雑に扱ってきたので傷はありますが、特別凹みなどはなく、耐久性も問題なさそうです。
まだまだ使える。

ちょっとのパーツ交換で性能が新品時に戻るのは嬉しいですね。

僕が買った時は、6000円だったと思いますが、
モデルチェンジもせず、それほど値段も下がってないんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る