ブログ

プリントに黒い筋

プリントすると紙に黒いインクがちょっとついて出てくる。
説明書通りに紙送りしても症状は直らないので、ちょっとだけ分解してみました。

キャノンの年代物。
今時のプリンターよりはインクが安いし、僕の用途だとプリントの質は悪くない。
背面トレーからの印刷もできるので使い勝手は良い。
医院で使う場合は、有線LANとCDレーベルプリントが必要で、それもある。
受付のプリンターが3台入れ替わったのに、未だ壊れないので使い続けています。

ヘッド部分を外して確認。

初めて触ったけど、黒のインクがだだ漏れ。

一応、拭きあげて、元に戻しました。
でも、まだ時々黒い筋が。
7〜8年経つので、そろそろ寿命なのかもしれません。

インクが頻繁に詰まっては、ヘッドクリーニングでインクを使い、無駄にインクを消費しまくります。

どんどんインク代を高くする新しいプリンターが嫌で、そのまま使い続けてるのですが、
良心的と思えるEPSON エコタンクを1年前に受付に導入。
特別トラブルもなく、ここまできてますし、本当にインクのコストが安い。
購入時の本体価格は高いですが、今までのインク代を考えると、4ヶ月くらいで本体の価格差は回収したかな。
インク代が1/10くらいなので、印刷枚数が多ければ多いほど、エコタンクのインク代の安さが際立ちます。
写真の画質は、こだわりがなければ我慢できる範囲だと思います。

エコタンクの機種の耐久性をみるために、様子見できてたのですが、
1年使えなくても、今の機種を使い続けるより、本体代を含めても得になるというのが分かったので、
そろそろ買い替えます。

今回不調になったcanonのプリンターをEPSONのエコタンクに切り替えるとなると、いくつか条件があります。
レントゲンのPCなどと有線LANで接続したい。
無線LANならどの機種にもついてますが、有線LANとなると、今更必要無いでしょ という感じで選択肢が少ない。
あと、背面給紙も必要。いろいろな用紙を変えて印刷したりするので。
できれば、ディスクレーベルの印刷も。
となると、エコタンク機種では上位機種になっちゃうのが悩みどころ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る