ブログ

歯ぎしり

歯ぎしり
一般的にイメージされるのが、就寝中にギリギリと上下の歯を左右にすり合わせている状態だと思います。ですが、カチカチと上下の歯を合わせること、かみしめ、くいしばりも歯ぎしりに含まれます。自分で気付いていない方が多いのも特徴です。
原因としては、ストレス、かみ合わせの異常等が考えられます。
歯ぎしりの悪影響としては、歯、歯周組織、顎に重大なダメージを与えることです。

正常な機能時の話をすると、咬合力12kg/cm? 一日の上下の歯の接触時間15~20分 程度と言われています。
意外に上下の歯が接触する合計時間は少ないのです。
これが歯ぎしり等の異常な機能時には、咬合力~74kg/cm? 一日の上下の歯の接触時間2~160分 と大幅に増加します。
歯ぎしり中は、ものすごく大きな力が長時間かかっていることになります。これでは、正常な歯、歯周組織、顎も次第に破壊されていき、それぞれの寿命は短くなります。

1人で就寝している場合はなかなか歯ぎしりに気付きにくいと思いますが、歯の先端(特に犬歯、真中から3番目の歯)が削れている場合や、朝起きた時に顎が疲れている場合は歯ぎしりを疑ってもいいかもしれません。

治療、予防法として、ナイトガード(歯ぎしり用のマウスピース)の使用、歯並びの矯正、かみ合わせの調整、ストレスの軽減等が考えられます。
最初に行える対症療法としては、ナイトガードの着用が良いと思います。保険適応で作製可能です。

異常を感じたらお近くの歯科医院で相談されることをお勧め致します。

医療人 天真堂 村上歯科クリニック永犬丸
〒807-0851 北九州市八幡西区永犬丸4-1-27
Logo_tooth_telephone_3Tel     093-691-0848
e-mal  einomaru@murakamishika.jp
https://einomaru.com/

黒崎近辺の方は、黒崎メイト向かいの本院まで
医療人 天真堂 村上歯科クリニック
〒806-0022 北九州市八幡西区藤田3-3-16 村上ビル5、6F
Tel     093-621-4618
Tel     093-621-4619

e-mal  info@murakamishika.jp
http://www.murakamishika.jp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る