ブログ

リアビズ 自転車で使うミラー

自転車に安全に乗るのは大事。
一番に注意しているのは、人にぶつからないこと。
スマホを見ながらとか、イヤホンをつけてるとか、そういう人をびっくりするくらい多く見ますが、ちゃんと走ろうと思えば、目と耳はフルに使う必要があると思う。

あとは、車道を走るので、車とうまく共存すること。
自分がどう動くのか、車の人にわかりやすいように走るよう心がける。
動く前に、何度か振り向くし、手も動く方向に出す。
抜いてもらいやすいスピードに落として走るとか。  

ヘルメットの使用は大事だと思うけど、僕は、被っている時のヘルメットが原因の風きり音が嫌い。
音で感じれる事がそがれる。
だから、自転車で使うミラーがずっと欲しかった。
ハンドルにつける物も販売されてます。
スポーツ車用に考えられたやつもあるのですが、固定してハンドル幅を広げると、不便な時も多いので躊躇してました。

そんな中、使えそうなやつを発見。
以前からあったそうなのですが、最近、シクロワイヤードの記事で知りました。
そしたら、まずclick八幡に電話。

電話なのに、いつもの我がまま注文を繰り出す。
店長に「すぐに欲しい。」

本当にすぐ注文してくれて、最短でゲット。

これ、腕に巻くミラーです。オーストラリア発。

自転車を変えても大丈夫。

他のミラーを試したことが無いので、何とも言えないですが、見やすい方だと思います。

ミラーが固定されている部分の、大きさやカーブを見ると、腕の太さや形に合っているので、手首に巻くとちょっと合わない。
が、傾けても、そんなにずれないし、痛くも無いので、大丈夫。
ミラーは回転させることもできるし、開き具合を調整することもできて、その角度も維持できます。

MTBの時は手首が良いけど、ロードバイクの時は、腕に巻くと使いやすい。

自転車に固定だと、振動でミラーも揺れると思うのですが、これは手に固定なので、見たい時にグリップを握る手を少し緩めると、振動も吸収されて、ミラーが揺れないので見やすい。

あくまで補助の道具で、曲がる時などは目視が必要だけど、まっすぐ走っている時も後ろの状況確認ができて便利ですね。

これの難点は、夏はバンドで暑苦しいこと。
僕は速く走らないので、たいして関係無いですが、風の抵抗が増える。

買って良かったかな。

ひいた車の方が可哀想と思うような自転車の乗り方している人を見かけるけど、僕もそうならないように気をつけよう。

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る