ブログ

LAN は謎だらけ

デジタルレントゲンのサーバーから出ているLANケーブルは、
レセプトコンピューターや、各チェアーのPCにつながっています。

過去には、デジタルレントゲンを、ノートPCに無線で飛ばしている時がありました。
その名残で、無線LANのルーターが、デジタルレントゲン部にもあります。

今は、LANのスイッチングハブ代わりに使っているだけだと思います。
が、どうなっているかは、業者さん任せなので謎。

この無用な無線が飛ぶのは、何となく嫌です。

ルーターの無線を切れば良いのでしょうが、スイッチングハブにしてしまう方が無難な気がしました。

上のルーターをスイッチングハブに置き換えるとして、下はどうなっているかというと、

いろいろと繋がっています。

これを整理したい。

下にも、8本繋がったスイッチングハブがあります。
で、いろいろと辿っていったのですが、僕にとっては結構複雑でした。

この8ポートあるハブを、16ポートの物に変えて、一つにまとめようと思ったのですが、よく分からない。 

結局、冒険は止めて、無線LANのルーターを、5ポートのスイッチングハブに置き換えるだけにしました。

とりあえず、無線は無くなったし、ハブを棚の中に移動できて、すっきりしたので良しとします。

レントゲンとレセプトコンピューターに繋がっている8台のPCを起動させて、それぞれ問題ないか確認。
この作業が面倒でしたが、問題無くて良かった。

あとは、無停電電源装置というのが、棚の中に2台あって、これがかなりの熱を発しています。
1台はレントゲンのサーバーを新しくした時に、念のために残しただけみたい。
必要なさそうなので、古い方を除去。

あとは、バックアップ用のHDDも古いのが残されてたのですが、現状ではバックアップ先になってないようなので、これも除去。

整理してみると、3つ大きめの機器を取り去ることができました。

熱で、システムの調子が悪くなったことがあったので、熱源が3つ減るといいし、スペースが開くと、熱がたまりにくくなった気がします。

でも、結局、この無数のLANケーブルが、それぞれ、どこから来て、どこに行っている物かは一部しか分からなかった。
きちんと把握できたら、ケーブルをもう少し減らせそうな気がします。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る