ブログ

PC 修理 Mac mini

医院で使っている mac mini の調子が悪かったので修理することにしました。

動きが怪しくなりだした時は、だいたいハードディスクが原因だと勝手に決め付けて。

休みの日にする作業としては、駐車場の雑草抜き、医院の掃除、ワックス掛け、技工作業等がありますが、こういう修理は一番好き。

近所のパソコン工房に行って、SSDの値段を見ると、以前ほどは高くないので、今回は、HDDからSSDへ換装することにしました。

元々のHDDの容量は、500GB 
この内、使っているのは、100GBだけ。
これからデータが増えることを考えても、しばらくは、258GBのSSDで足りそうです。
500GBのSSDと迷いましたが、金額的に諦めました。 

医院に戻って、インターネットで、mac miniの分解方法を確認します。
今時は、親切な方が、細かく作業工程を載せてくれているので、だいたいの事がすぐに分かります。

日頃からバックアップは、3重くらいにしているので、万全です。
すぐに分解開始できそう。
ここで、この後にかかりそうな作業時間を予測。
新しくなったSSDにデータを戻すのに時間がかかるのと、ワックスの臭いの中で作業するのは苦しい。

で、自宅に持ち帰りました。
mac mini は小さいので、バックアップをとってあるHDDと、工具を合わせても楽々リュックに入ります。

 

ネットを見ながら作業。
分解はすごく簡単でしたが、元々ついていたHDDよりも購入したSSDの方が微妙に大きい。
元の位置に収まりきれなかったので、ネジを加工しました。

組み立て直すと、あとは、macだから簡単。
起動させると、やるべき事が表示されます。

SSDをmacの形式にフォーマットして、後はリカバリ。
クリーンにインストールしたければ、インターネットからリカバリしても良いし、
元の状態の戻したければ、time machine から戻せば良い。

いつもは、クリーンインストールしますが、今回は、time machineから。
バックアップ先のHDDを本体につなげて、数回クリックして、待っていれば元の状態。

無事作業終了です。

やっぱりHDDが悪かったみたいで、きちんと修理できました。 

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る