ブログ

ミツマタ

いつもの登山口で咲いてました。

綺麗で思わず見入りましたが、名前は知らない。
帰って嫁さんに教えてもらいました。

ミツマタ
ミツマタはなかなか趣に富んだ春の花木です。新葉が芽吹く前の枝先に花だけが開花する姿は、冬が終わり待ちわびた春がきたことを喜んでいるようにも見えます。うつむくように下を向いて咲く花には芳香があり、小さな花が集まって半球形をつくっています。この小さな花には花弁はなく、花弁のように見えるのは筒状の萼の先端が4つに裂けて反り返ったものです。枝は3つに分枝し、これが「ミツマタ」の名前の由来となっています。強い繊維質の樹皮は、強度の高い良質の紙の原料として有名で、紙幣などにも使われています。

らしいです。

また一つ勉強になりました。

関連記事

コメントは利用できません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る