ブログ

友好都市 

北九州市に中国・大連市および常州市よりマスクを提供いただいたとのことで
1箱配布されました。
ありがたいですね。 
友好都市 初めて知りましたが、これを機にしっかり頭に入りました。

ウイルス感染の広がりを見ても、地理的な距離はもう関係ないと感じます。
世界で協力し合えるといいですね。

父の従兄弟たちは米国生まれです。
3月の時点でUCLAの病院で新型コロナウイルス感染症患者の治療をしているとメールがあったそうです。
もう70歳超えてて、しかも、外科医なのに。
LAでそんな状況なので、NYなどはもっと大変だろうと思います。
日本でも医療崩壊が起きないように自覚をもって行動しないといけませんが、もうそのような状況は目の前だと思います。

国から自転車通勤を推奨と来てました。
公共の交通機関よりは感染リスクは低いと思いますが、慣れて無い人がわざわざ自転車買って通勤始めるというのは、別のリスクがあると思います。
年間の自転車での死傷者数と、交通機関を使ってのウイルス感染のリスクと現状の数を比べると、あまり得はないのでは?
電車がダメなら東京はニューヨーク以上にもう終わっているはずなので。
自転車はまあまあ危ないです。
先の米国の様子を見ると、今後日本でも、怪我してもすぐに見てもらえるかどうか。
外科医が別の仕事しているということがあるかも?

本当は自転車通勤は良い事なのですが、真新しい自転車で危なっかしい走行をしている人を見かけて心配になっちゃいました。
他人を怪我させると、もっと大変です。
くれぐれもご安全に。

フェイスブックで知ったのですが、ニュースで歯科についてあったようです。
いつも通りやらせしてます。

この姿勢と距離だと治療はできないと思うので、多分、テレビ局側から、もっと近付けと指示があったと思います。
拡大鏡があさっての方向向いているのは笑いました。
普通の拡大鏡なら35cmは離れないとピントが合わない。
なのに、おでこに着きそうです。

距離が近い事には変わりないのですから、やらせしなくて、普通に写したらいいのに。
不安をあおって、テレビに引き込みたいのでしょうけど。

今回はウイルスの騒ぎで、世間では大ごとになってますが、感染対策は僕らにとっては日常です。
今回のウイルス以上に怖い感染症もあるわけです。
僕らも命がけで診療するつもりは無いし、もちろん患者さんにも命がけになってもらうつもりも無いです。
社会的距離となると近いですし、口を開けて、治療で水を使いそれが飛び散る
ということで、こう言った報道や情報になっているのは分かります。

ちゃんとすれば、飛沫を浴びない角度と姿勢はあります。
大事なことなので、以前スタッフにも東京の勉強会に行ってもらいました。
細かいことは書きませんが、作法があり、それだけ注意することが習慣になってます。
また、患者さん同士の社会的距離はとれます。

当院でもリスクが無いとは言えませんが、いつも以上に注意を払っているので減らせます。
マスク無しで向かい合って話するより、また、一緒に飲食するよりは低リスクと僕は思ってます。

現状で感染者に歯科医師や歯科衛生士がどれくらい含まれているか?
当院よりも対策がしっかりしている医院もありますし、普段から感染対策に無頓着な医院もあると思います。対策の具合はまちまち。
ただ、数字で見れば、人口当たりの人数と比較し、感染者がそれほどいないのが分かります。
夜の店でバイトしてる子がいて、そこで感染している場合もあるらしいですが。

当院では、痛みがある方は治療を勧めます。
     痛みなど緊急性がない方は延期して良いと思います。


新規の患者さんがいらして、こんな時に申し訳ないと、何度も謝られました。
痛みを我慢していたそうですが、診させて頂くと、到底我慢できる状態ではなかったので、即治療開始しました。
上のような報道も関係していると思い、こうやって書きましたが、
僕らに遠慮は不要です。対策してます。 

ところで、グローブも品薄になって久しいです。
今日、追加で30個届きました。

初めてのところから、買ったことも無いグローブを購入。
どんなものかも分かりませんが、とにかくありがたい。

当院のように、僕入れてスタッフ5人くらいの医院でも、1日で2~3箱は消費します。
患者さん1人に、1セット2枚、治療中に移動すれば、その時に廃棄交換するので、2倍使用。スタッフも同様です。
今は患者さん少ないので、これで2~3週間分?。
常時200箱くらいは在庫してましたが、少しずつ減っていくと思います。
この30箱を使う前に、痛みがある方だけの診療に切り替えると思います。

歯科で切削器具の使い回しがある などとこれまた報道があったりしてますが、
当院では僕が来る前の開院時から、一度もそんな事してません。
もう20年以上前の話じゃないの?って思うのですが、一般的な話として報道しないでほしいです。知りませんが、そんな医院もあるのか?

当院くらいの小さな規模でも、写真に写っている数 + 10本以上はもってます。滅菌中のもあるので。
物によって値段は違うけど、1本で、安めのiPhoneから高いiPhoneくらい。2~3年に1回くらいは、オーバーホールで3~5万円。
どの医院も診療報酬に見合わない高い金額を使ってます。

ところで、滅菌する時に使う滅菌バッグなども品切れ、品薄になっているようです。
まだ、1Kmくらいは在庫あると思いますが、いつかは切れます。

グローブ、滅菌バックなど使い捨ての物がなくなったら、即休診ですが、
急患対応はできるように、ちゃんと管理しようと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る