ブログ

計量 慎重に

型取りをするときに使用する材料として、
いくつか種類がありますが、アルジネート印象材というのは、
粉と水を混ぜます。良く使う材料です。

専用の計量カップが、粉、水それぞれに用意されてます。

粉のカップ              水のカップ
Dscf4988 Dscf4991
普通は付属のこれで計量することになっていますが、
粉というのは、ほんの少しのすくい方の差で、量が変わります。

Dscf4983 Dscf4984
同じように、すくったつもりでも、10gだったり8gだったりしてます。

どうしても、誤差をなくしたいので、毎回、デジタルスケールで
計量する様にしてます。
計量すれば、毎回同じ粉液比を維持できますし、
機械で混ぜれば、精度も一定に保てます。
Dscf4998
毎回、粉も水も計量するのは、大変なのですが、
スタッフは毎回まじめにやってくれてます。ありがとう

そして、その分少し治療時間が延びてると思います。
患者さまご容赦ください。

ちなみに、本当に精度を追求する場合は違う印象材が登場します。

もうひとつの、よく使う粉といえば、模型に使用する石膏です。
Dscf4997
ここでも、デジタルスケールで計量する様にしてます。
細かく細かく

?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る