ブログ

ダイアグノデント

Dscf2158
ダイアグノデント
レーザーを使って虫歯を発見する装置です。

説明書き
レーザーダイオードから発せられた特定波長のパルス光が、歯質に直接作用します。発せられた光が変調した歯質を検知すると、異なった波長の蛍光光刺激します。この光はハンドピースを通ってシグナルに伝わり、ダイアグノデントのユニット内の電子システムによって波長を読みとります。
とあります。

100%ではないですが、かなり信用できる機械です。
虫歯を発見できますし、逆にこれで虫歯じゃないと診断できれば、無駄に歯を削らずに済みます。
患者さんの現状を、確実に診断することが一番大事なので、診断を助ける機械は十分に揃えたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る