ブログ

パナソニック 洗濯機

医院では、白衣とタオル、毛布などの洗濯をしますが、
毎回、洗濯から乾燥までするので、乾燥機能の使用率は100%。

最近、乾きが悪くなって、終了後も湿り気があり、再度乾燥のみを追加でしてました。

そこで、メーカーの修理サービスを利用。

バラしてくれて、ダメになっているパーツを交換してもらいました。
5〜6年の使用でしたが、何でもすぐに洗うようにしてるので、使用回数が多いのは確かで、
それくらいで交換するものと思っていたら良いのかもしれません。

ヒーターの交換のついでに、乾燥の経路も掃除してくれたので、
すっかり調子良くなって、かなり乾燥時間が短縮されました。
買った時の状態に戻ったかな。
3万円ちょっとかかりますが、買い直すよりは良いです。

他の部分は綺麗で問題なかったようなので良かったです。

修理してくださった方から教えてもらったのは、フィルターを追加で挟むこと。

このフィルターは、見た目ではそこそこ目が詰まっていると思うのですが、
この裏にフィルターをプラスする。

しばらく使うと、追加のフィルターにしっかり綿埃がつくので、
純正のフィルターのみでは、奥のヒーターに埃を逃がしている。

フィルターを追加して空気の流れが阻害されるのもよくないと思ったのですが、
乾燥時間は変わらないし、特に無理がいってる感じは無いです。

レンジフードフィルターで、ちょうど使いやすいやつを教えてもらいました。

医院のエアコンで使っている3Mのエアコン用フィルターは、洗濯機には使いにくかったです。
向き不向きがあるようです。

少し広めにカットして、その上から純正フィルターで押さえる感じで使うので、
押すと潰れる素材じゃないとダメですね。

すっかり良くなって、2週間も経たない内に、洗濯機に別のエラー表示。
給水ができなくなってました。

給水弁の故障。
またまた修理依頼することに。
修理に来てもらう日までは、洗剤の投入口から手動で水流し込んで使いました。
乾燥しないよりはマシですが、故障すると何かと不便ですね。

短期間での修理だったので、出張料と工賃はサービスしてくれて助かりました。
部品代3000円弱のみ。

もう壊れないでおくれ!

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る