ブログ

トレッキング用の靴

だいぶ緑も深くなってきました。
この間、nさんと山サイクリングしましたが、ほんの少しの間で山の表情も随分変わります。あっという間に草が茂る。

そして、山の中は、冬よりもこれからの季節の方が暗い。
葉が茂るから。

nさんがステッカー作ってくれた。素敵。

山歩き用に今まで使っていたのは、ローカットの靴。
軽いので軽快なのですが、一番の悩みは、足首のところで靴と靴下の隙間に土やら何やら入ってくる。

それで、初めてミドルカットの靴を買ってみました。
本当はカヤックを見に行ったのに、全然違うの買ってしまった。

またモンベルです。いつもと同じ理由でコストパフォーマンスが良いから。
モンベル=デザイン性には目をつぶる という決まり。

3週間くらい前に買って、夜中に散歩して慣らしてました。
日曜日ちょっと時間があったので、一人でさらっと行ける皿倉山でお試し。

朝早いと人も少なくて良いですね。

今までの靴よりもだいぶ重いですが、思ったほど気にならない。
足首が安定する安心感の方が良いし、靴の中にあれこれ入ってこないのはやっぱり快適でした。
ちょっとした岩なども、ソールが硬いので足裏が無駄に動かなくて快適。

山歩きするならこんな靴は普通持っているのでしょうが、今まで食わず嫌いしてました。
ローカットよりも蒸れやすいということ以外はなかなか良いです。

あと、ソールが滑らない。これは思っていた以上でした。

ひと昔前のモンベルの靴はイマイチで手を出した事がなかったのですが、今はもうかなり良くなっているんですね。

滑りにくいで有名なファイブテンというメーカーの、キャンプフォー?やガイドテニーを使ってましたが、岩場でそれらよりもモンベルの方が滑らない気がします。

新しい物を買ったら、その分何か捨てる という自分の決まりごとがあるので、
今回は、上2つを残して、

メレルのモアブを捨てることにします。なかなか良い靴でした。
これより後に買ったファイブテンはソールの耐久性低くすぐに処分になったけど、これはボロボロになるまで頑張ってくれた。

靴とは関係なしに、相変わらず、山の中は心地良かったです。

だらだらと登って、国見岩でまったり休憩して、駐車場に戻る。
無理なくゆっくりで、ちょうど2時間の山歩きでした。
梅雨入り前に遊べて良かったです。

ガーミンのウルトラトラック?モード。
GPSを間欠的に使うモードだと思うのですが、これはダメですね。
ブレブレで軌跡になっていない。
短時間なら、通常のGPS+αのモードにしておくと記録。

帰ったら、息子が虫取りに行きたいというので、近所の公園へ

収穫は小さな蝶々のみ。山では死ぬほど虫がいたのに、ここは全然でした。
そこそこの木が茂っていても、街中なので虫もあまり育たないんでしょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る