ブログ

サージテル オークリーを度付きに

普段は、コンタクトを使用し、オークリー レーダーの

クリアのレンズにサージテルのルーペを付けています。

Dsc02623

ただ、時々コンタクトを使用するのがきつい時があります。

そんな時、ルーペを使用できないと困るので、

レーダーを度付きにすることを考えてました。

この間、できあがりました。

Dsc02621

オークリー レーダーの場合は、1枚レンズなので、

クリアのレンズに度付きのレンズをインプラント?

Dsc02631

カーブしたレンズを使用するのは初めてでしたが、何の違和感もありませんでした。

オークリーレーダーの純正のRXインプラントレンズは、

度数で(乱視も足して)−4.00 まで作製できるらしいのですが、

自分の場合は、少し超えてしまうので、ちょっと矯正度数を落として

作製してもらいました。でも、ばっちり見えます!

レンズ形状は、Pitchと Pathがあり、

今まではPath を使用していたのですが、

在庫の都合で、Pitchになりました。これが逆に好都合でした。

自分の顔にはどうもPitchの方が合うみたいで曇りにくくなりました。

Dsc02624

すごく使いやすくなったので、コンタクトを止めても良いかも?

作ってもらったメガネ屋さんは、

北九州市門司区の 
めがねのヨシダ さん
http://www.yoshida-moji.com/index.html

ブログがきっかけで、伺いました。

http://blog.livedoor.jp/yoshida_megane/

技術、サービス とても良かったです。

サージテルを取り付けるためのパーツをレンズに付けてもらったのですが、

寸分のくるいも無く、ばっちりでした。

おかげでどんなコンディションでも

安定して治療できるようになりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSで更新情報を閲覧できます

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る